慢性腰痛に効くトリガーポイント治療

慢性腰痛に効くトリガーポイント治療

慢性腰痛に効くトリガーポイント治療

痛みの原因がわからなく、ずっと続いている慢性痛にはトリガーポイント療法が効きます。痛みにも種類があり、ケガなどでおった傷が完全に治ればなくなるものと、痛くなる理由が良くわからず長期間痛み続けるものに大きく分けられます。

 

この二つの痛みは違うものですが、医師ですらごっちゃにしてしまうわかりづらいものです。筋肉痛などは放っておけば直ると考えられていますが、それが原因で、例えば足の筋肉痛が原因で肩凝りがひどくなることもあります。

 

そういうふうに体のあちこちが凝っていき、長期間悩まされるということもあるのです。医師に診断してもらってもよく分からないと言われるなど、原因の特定ができないのにも関わらず凝りがあり圧力をかければ痛いといった痛みもあります。

 

これを筋・筋膜痛といいます。まだ原因がよく分からない痛みなのですが、精神的な負担が大きくなり、筋肉が固くなって、血行が悪くなるのではと言われています。炎症役などを打たれた場合、副作用を出すこともありかなり治療が難しいのです。

 

今できる治療法はトリガーポイント療法などが有効です。痛みの原因が特定できないという人はこれかもしれません。他にも筋トレや、セラピーなども同時にして治療していくのがいいのです。

 

こういったものを改善する手段は、上記の治療と共に、根本的に日常生活で慢性痛を作り出さないような体作りということになります。もちろん精神的なものを含めてです。筋力をあげたり、姿勢を正しくしたりしていきます。まずは正確な自分の状態を把握することが肝心です。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ