トリガーポイントに注射を打つ

トリガーポイントに注射を打つ

トリガーポイントに注射を打つ

筋・筋膜痛に有効な治療はトリガーポイント注射です。つぼに近い部分に、痛い部分があることが多いのです。そこにトリガーポイント注射をします。普通の医師でも高い技術を必要とせず簡単にできます。病院によってはこの治療を活用し、短期間のうちに効果を出しています。

 

ヘルニアなどの病気にも、筋・筋膜痛が関わっていることがあります。ヘルニアの治療だけではとれない痛みが、この治療によってとれる可能性があるのです。トリガーポイントは医師と患者とで探していきます。

 

まずは自分で痛い部分を探してくださいと言われ、患者が示した場所を押しながら医師が判断します。トリガーポイント注射をされた患者も、打たれているときに変わった感覚を得るらしいです。

 

何かが切れるような感覚のあと、凝りのようなものを注射の針が越えていく感覚がわかった、というような事を患者がいうと言います。トリガーポイントが効果のある理由というのは、わかっていません。

 

トリガーポイントは血行が悪くなり、痛みを伴う物質がたまるらしいです。ですからトリガーポイントに痛みを伴う物質を取り除くような注射をすると、痛みが治るのではと言われています。

 

まだまだわかっていないことも多いですが、こういった注射以外にも、整体などでトリガーポイントを指圧すると痛みがとれたという人もいます。注射に関してはアレルギーなどの影響を受ける人もいます。

 

トリガーポイントが慢性的な痛みとなにか関係あるのは間違いないでしょう。これからもトリガーポイント治療は腰痛治療に大事なものとなるはずです。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ