意外な原因

意外な原因

意外な原因

トリガーポイントが関係する痛みを取り除く方法はいくつかあります。ですが治療以外にもやっておいた方がいい事もあります。でないと治療が効果的でなく、短期的にしか痛みを和らげないからです。

 

トリガーポイントが関係している痛みのなかには、一時的な怪我の原因が様々な箇所に影響を与え、その怪我をおった部分以外にも痛みを引き起こしたものがあります。そして、その痛みは長期間続き、持病のような状態になることもあるのです。

 

同じ怪我などをおっても、慢性的な痛みがずっとその後持続していくかどうかは人それぞれです。これは怪我を負う前に慢性的に痛みが続く要因を持っていたからだと考えられます。手足の長さ、形や、骨盤の大きさ、栄養のかたより、血糖値が低いなどが関連していると考えられます。

 

右と左の足の長さが違うと姿勢が悪くなるため、筋肉におかしな負荷がかかり、痛みの原因になっているのではと言われています。足の長さが違う人が怪我などでトリガーポイントの痛みが発現した場合、長期間治らない場合があります。

 

骨盤の大きさが縦の方向で右側と左側の骨の長さが違う場合、バランスを取るためおかしな筋肉の使い方をします。これも上記の足の長さの違いと同様、長期間の痛みが発現しやすくなると考えられています。

 

横方向に左右で長さが違う場合、寝たときに筋肉に左右で違う負荷がかかります。腕が短い人も座っているときに、肘掛けに肘がおけないためおかしな筋肉の使い方をしてしまいます。まずは医師に相談して自分がどんな腰痛になりやすいか教えてもらいましょう。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ