トリガーポイントの段階

トリガーポイントの段階

トリガーポイントの段階

トリガーポイントには三段階あります。最初の段階では痛みをほとんど感じません。しかし、少し押してみれば痛いところがあります。普通は回復していって、この状態から悪化しないのですが、大きな精神的負担があり、体に強い疲労が残っていると回復能力が落ちてきて、次の二段階目へと移行します。

 

二段階目になるとトリガーポイントを少し強く押せば、その場所とほかの場所が痛くなります。体を動かしたりすると痛くなる症状も出てきます。そんなたいしたことがない動作でも体に痛みが走るのです。

 

体に違和感があるというのは、それだけで精神的な負担になります。それが長く続くとなればなおさらです。ナイーブになり、その違和感を常に意識し続けるという悪循環に陥ってしまいます。

 

大したことのない痛みでも、気になって仕方がないとなれば強いストレスを抱えることになるでしょう。しかし、この段階で痛みが固定化されるわけではなく、回復能力が高まれば痛みはしだいに消えていきます。

 

最終段階になるとなにもしなくても痛いという状態です。トリガーポイントはストレスが原因のひとつですが、痛みからストレスがもたらされると更に症状が悪化します。こうなってくると放っておいてもなおりません。適切な施術をするべきでしょう。
 

 

そうした施術をしてもらって、最終段階のから第二段階へ、第二段階から第一段階へと移行させていきます。早期の発見が一番ですので、上記の事に心当たりがある人はすぐに施術を受けにいってください。できれば第一段階にならないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ