トリガーポイントの考え方

トリガーポイントの考え方

トリガーポイントの考え方

トリガーポイントは、諸説ある中のいずれか、あるいはそれとはまた別の原因で作られるわけですが、いずれにしても、「できてしまう」ということに関しては、残念ながらこれは紛れもない事実であると当然言わなければなりません。

 

 

 

 トリガーポイントが作られて、そのままじっとしていてくれるのであれば、トリガーポイント自身がこれだけ問題視されることもおそらくなかったと思われるのですが、しかし実際は、「ただそこにいるだけ」というわけにはいかないようです。その部分を圧迫すれば、当然「痛み」を感じますし、圧迫の度合いによっては「激痛」とも表現されてしまうほどの痛みを脳に訴えかけます。しかも悪いことに、トリガーポイントは「活性化」するのです。

 

 そしてトリガーポイントの活性化には、3つのステップがあると考えられています。それらを段階別に説明していきます。

 

 まず、はじめの段階となるのが、「筋硬結」と呼ばれる段階です。このステップでは、トリガーポイントの存在が明確になるステップ、とでも言いましょうか、平時には何も起こらないのですが、トリガーポイントができた場所を指圧することによって「痛み」を覚え、そこにトリガーポイントが存在していることがわかります。この段階で鎮静させることができればそれに越したことはありませんが、気付かずに放置されやすい段階でもあるため、このステップから次のステップへと悪化してしまうケースも多いです。

 

 

 

 次に、「潜在性トリガーポイント」と呼ばれる段階です。このステップでの主な症状は「動作通」です。つまり、身体を動かすことによって、トリガーポイント周辺の細胞が刺激を受け、痛みを発するのです。階段の昇降や、関節の伸縮などによって痛みを感知することが多いステップです。この段階でも、トリガーポイントは鎮静させることは十分に可能です。しかし、最初のステップとは違って、痛みの度合いが大きくなってくるステップでもあるため、どうしても身体を動かしたくないという考え方になってしまいがちです。そうすると、逆にトリガーポイントを悪化させてしまう原因になります。

 

 そして、最終段階です。この段階になると、相当トリガーポイントに対するストレスを感じながらの生活を強いられることになります。この段階は一般に「活動性トリガーポイント」と呼ばれ、身体を動かしていなくても痛みを発するようになる段階のトリガーポイントへと移行します。

 

小岩や新小岩で人気の整骨院。ナグラメディカルhttp://www.shinkoiwa-nagura.com/

 

 もちろん、この最終段階に至ってしまったからといって、トリガーポイントの痛みが鎮静化されないわけではありませんので、改善させることを目指しましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ